読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高3から都政を学ぶ

18歳、小池百合子政治塾に入塾

小池百合子政治塾「希望の塾」に合格しました

f:id:Keitaoba:20161027070835p:plain

こんにちは。この度は小池百合子都知事の政治塾「希望の塾」に合格し、入塾することを報告します。

 

また、この新ブログでは私おおばけいたが「希望の塾」の講義の様子や応募の経緯などを記事にして公開していきたいと思います。

 

第一回目の今回は、私が18歳にして小池百合子都知事の元で政治を学ぶことを決意した経緯などを簡単にお話ししたいと思います。

 理由①分析力を得たい

待機児童、少子化、年金、様々な問題をニュースで聞き不安にならない大人はいないと思います。しかし、18歳の私はそれ以上に不安で、今何が起きているのか、これからが起きていくのかを分析できる力を小池政治塾を通して学びたいと思いました。

理由②政治の話がタブーだから

今まで、ネパール、海外、留学関係の様々な活動を行ってきました。そんな中、もちろん政治に興味を持ち、自分の意見や考えを持ち、その考えも変わってきました。しかし、そんな意見や考えを発信してくることはやってきませんでした。それは自分の活動の幅が狭まると恐れていた自分と政治の話は他人とするものではないという雰囲気があったからだと思います。そんな中、積極的に政治を学び意見を交わせる場が「希望の塾」でした。

 

理由③そもそも政治について学びたい

上でも述べたように政治的な意見や考え方を他の同世代よりも持ってきた自信はありましたが、所詮18歳の見ている世界なんて狭くてちっぽけなもの、他の人の意見も世間の思想も勉強したいと考えていました。具体的には、待機児童問題、豊洲移転問題、グローバル化。これらの問題が提起された時に、自分なりの考えや解決策を思いついてきましたが、そもそもそれは実際の現状と相まっているのかを純粋に知りたいと思いました。

 

理由④いい機会

最後は少し砕けた理由ですが、小池百合子都知事は今最も注目を集める人物といっても過言ではないほどホットです。そんな小池百合子都知事が政治塾を始めると聞いて黙ってはいられませんでした。政治を学ぶいい機会でした。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。次回は応募して小論文などを公開したいと思っております!!